便秘もお腹がパンパンの状態になれば非常に苦しい

 

便秘になるととても苦しいのですが、便秘ではない人にはその気持ちはなかかなわかりません。
うんこがでないぐらいたいしたことはないと思うかもしれません。

 

でも実際はうんこがでないととても苦しいのです。
2、3日うんこがでないと何かすっきりしない状態となります。

 

それが1週間以上続くとお腹が張ってくることがあります。
こうなると非常に苦しいです。
なるで妊婦のようにお腹がパンパンという状態です。

 

元々、便秘気味の人は便秘を解消するための知識を持っていていろんな対策をしていますが、お腹がパンパンという状態であれば何をやっても効果がない状態になります。

 

便秘にいいと言われているヨーグルトを毎日食べたり、バナナなどの便秘に効くと言われている食べ物を食べたりです。

 

でも、お腹がパンパンという状態になってしまえば効果がなしです。

 

頑固な便秘になる原因とは

 

こういった頑固な便秘になる原因ですが、大腸の蠕動運動がにぶり腸内環境が悪化するために起こります。

 

なぜ大腸の蠕動運動が鈍くなるかについては、各個人の状況によっていろいろ原因があります。

 

女性ホルモンによる影響・偏った食事・加齢によるもの・運動不足・極端なダイエットによる影響などです。

 

この原因となったものを排除してあげれば、便秘は解消することになります。

 

ただし、お腹がパンパンになるぐらい頑固な便秘である場合は、ちょっと何かしたぐらいでは解消しません。

 

便秘気味の人がいろいろな対策をしてもなかなか解消できずにお腹がパンパンになってしまうのはこのためです。

 

お腹がパンパンになる便秘の人におすすめの対策

 

ちょっとヨーグルトを食べたり運動をしたぐらいでは解消しない頑固な便秘に人に向けたおすすめの対策を紹介します。

 

もちろん、すべての人の便秘が解消するわけではないのですが、評判がよくかなり多くの人が便秘を解消している方法です。

 

それは、カイテキオリゴというオリゴ糖を使用することです。
カイテキオリゴというと聞いたことがあるかもしれませんが、改めてカイテキオリゴのおすすめポイントを書いてみます。

 

独自のEOS理論によりすべての善玉菌を活性化

オリゴ糖は善玉菌の活性化させますが、すべてのオリゴ糖を活性化すれうわけではありません。ですので市販のオリゴ糖でも便秘解消に効果がありますが、解消されることは少ないのです。
ですが、カイテキオリゴはEOS理論によってすべての善玉菌の活性化に成功したため善玉菌が活性化する可能性が高いのです。

 

ヨーグルトのように胃酸に負けることはない

ヨーグルトが便秘に効かないケースとして胃酸で乳酸菌が死滅してしまうということがあります。
オリゴ糖が胃酸に負けて大腸まで届かないということはないので便秘が解消する可能性は高くなります。

 

健康管理士により徹底サポート

売りっぱなしではなく健康管理士によるサポートがあります。
飲み方がわからないというケースから飲んでみたけどあまり効果がないという場合まで相談に乗ってくれます。

 

こんなカイテキオリゴなので口コミの評判もすごく高いです。
お腹がパンパンになるほどの便秘でも効果が期待できます。

 

あなたもカイテキオリゴで頑固な便秘を解消しませんか?

 

『カイテキオリゴ』

 

>>カイテキオリゴの詳細はこちら<<