重症な便秘が続く場合はお腹がパンパンに

主に女性に多いのですが、便秘が何日も続くとお腹が張ってパンパンになります。

 

これはなった人にしかわかりませんが、非常に苦しくてすぐにでも出したいという気持ちになります。

 

もちろん便秘になってからは何もしないわけではなくお腹にいいと言われているヨーグルトやバナナを食べたりしますが、改善する気配はありません。

 

このままうんちが出ない状態で何日も経過すると最悪の事態としては、大腸裂溝といって腸が破裂してうんちをまき散らすことになります。
こうなると便秘といっても生命にかかわるような重い事態になってきます。

 

こうなる前になんとかしないといけません。
重い便秘を解消するのに思いつくのは、病院です。

 

病院にはいつ行けばいいか?

病院に行くのにいつ病院に行くかというのと何科を受診するのかというのが疑問になってきます。

 

何日便秘が続くと病院に行ったほうがいいというのは目安はありません。
どれだけ苦しいかというのを1つの目安にするといいでしょう。

 

人によって状態は違うので一律何日というようにはできません。
感覚的なものですみませんが、我慢できないと思える苦しさになったら病院に行きましょう。

 

一回の排便する際のうんちの重さは100〜200gと言われています。
1週間うんちが出ないと1kgぐらいのうんちがお腹にあることになります。

 

次に何かを受診するかですが、大きい病院で便秘外来がある病院であれば便秘外来がおすすめです。
便秘外来がある病院は少ないので消火器内科でいいでしょう。
総合窓口で症状を言えば、適切な診療科に振り分けてくれます。

 

大きな病院ではなく近くの町医者であれば内科でいいでしょう。
病院で即効性のある処置であれば、浣腸・摘便といったところをしてくれます。

 

病院はうんちを出してくれるが、問題解決しない

専門的に便秘の診察をする便秘外来ならともかく以外の消火器内科ではすることと言えば、浣腸・摘便でうんちを出すということなのです。

 

医師によっては強い目の下剤のケースもあります。
排便できれば、とりあえずは便秘の苦しみから解放されます。

 

では、これで万事解決かというとそうではありません。
うんちを出しただけで根本解決はしてないのです。

 

また、しばらくすると地獄のような苦しみがやってきます。
何といっても根本解決はしていないので。

 

便秘になる原因というのは腸内環境が悪化することにより起こります。
浣腸や摘便では腸内環境は改善しません。

 

腸内環境を改善するとっておきのものがあります。
オリゴ糖です。

 

それもスーパーで売っているようなものではなく純度が100%近いオリゴ糖です。
それは、カイテキオリゴという商品です。

 

>>そのスーパーなオリゴ糖カイテキオリゴの詳細はこちら<<