便秘になると腸内環境が悪化する

便秘の症状の違いはあっても便秘になると腸内環境が悪化していると考えられます。

 

腸には善玉菌・悪玉菌・日和見菌おり正常な状態での割合はそれぞれ善玉菌20%、悪玉菌10%、日和見菌70%とされています。

 

便秘になると善玉菌の割合が減少して悪玉菌が増加します。
このため悪玉菌により腸の中のものが腐敗している状態になります。

 

おならが臭いというのは、腸の中の腐敗の匂いと考えるといいでしょう。。
お腹がパンパンというほど重い便秘であれば、腸の中はかなり悪玉菌が増えている状態と言えます。

 

便秘薬では解決せず、根本改善は腸内環境の改善

かなり苦しい状況でもあります。
・便秘でお腹がパンパンで苦しい
・おならが臭くて周りに迷惑だし、気をつかう

 

とにかく1分でも早く便秘を解消したいところです。
思いつくのが、便秘薬です。
市販のものだとコーラックが有名です。

 

たしかにコーラックを使えば「する」と出るかもしれません。
そうするとお腹がパンパンの苦しさから解放されます。

 

しかし、腸内環境は改善されません。
腸の中は悪玉菌で一杯ということです。

 

根本の解決をしていないのでおならは臭くしばらくすると再び便秘になるでしょう。
また、お腹がパンパンのつらい思いをしないといけません。

 

さらにコーラックなどの大腸を刺激するタイプの便秘薬は使い続けると効かなくなってきます。
お腹パンパンの救世主であったコーラックが効かないのです。

 

まさにピンチになります。
そうならないためのとっておきの方法があります。

 

カイテキオリゴを使用するのです。
カイテキオリゴはオリゴ糖の1種で高純度オリゴ糖では売上bPの商品です。

 

カイテキオリゴのいいところは、便秘薬のように無理やり出すのではなく善玉菌を増やして腸内環境を改善するのです。

 

腸内環境が改善されるとおならのにおいも改善されるし、再発もしません。

 

>>カイテキオリゴの詳細はこちら<<